まとめ 仮想通貨

【DEX】新しい取引所!分散型取引所についてまとめたで!

投稿日:

イッペイ
こんばんは。今回は分散型取引所(DXE)についてまとめてみたで。最近MONA/ZNYの取引ができて話題のCryptoBridgrも分散型取引所や。これから分散型取引所が主流になるんちゃうかとわしは思ってる。

分散型取引所(DEX)ってなんやねん?

分散型取引所はDEXとも表記され、「Decentralized EXchange」の略やで。

分散型取引所は保有している通貨は個人の管理下に置くことができるんや。みんなが使とる「Coincheck」や「Bittrex」などの取引所でも、「個人で管理しとるやろ」と思った人も多いと思う。

わしもそう思うとったけど、決定的に違うところがあるんや。それはCoincheckやBittrexなどの普通の取引所の場合、取引所の会社が倒産したら預けていた資産は取引所と一緒に消滅してしまうんや

取引所に資産を置いておくと言うことはそれだけで取引所の破綻やハッカーに狙われるリスクがあると言うことや。

そんな問題を解決するのが分散型取引所(DEX)や。

なんで破綻しても資産がなくならんのや?

普通の取引所では秘密鍵を中央管理者に預けることのなる。やから、取引所が倒産、ハッキングされた場合は資産が消失するリスクがある。

分散取引所には、中央管理者が存在してないんや。せやから秘密鍵を自分で管理することになる。
イメージとしてはウォレットに保管するのと同じやな。

その上分散型取引所はブロックチェーン上に存在する為、ハッキングされるリスクは低く、システムダウンや倒産の恐れはないんや。

分散型取引所のメリット・デメリット

分散型取引所のメリット

  • 資産を自分の管理下に置くことができる
  • システムがダウンしない
  • 取引所破綻やハッキングによる資産がGoxするリスクがない
  • 身分証明が必要ない

デメリット

  • 出来高が少なく板が薄い
  • オーダー毎に手数料がかかる
  • 分散型取引所のプラットフォーム上の通貨が基軸通貨になる

デメリットはあるが、DEXを利用する方がメリットがあるとわしは感じてる。出来高や基軸通貨に関してはDEXが主流になりユーザーが増えていけば解決されるので、そこまで悲観するデメリットちゃうと思う。

DEXを紹介するで!

個人的にCryptoBridgeがオススメや。日本語に対応しているのと最近人気なBitzenyの取り扱いもある。最近MONA/ZNYと取引も可能になったで。

まとめ

現状の仮想通貨の特徴は非中央集権なところにあり、既存の中央集権のシステムを変えるために生まれたんや。しかし、現状の中央集権型の取引所を使い取引を行なっている。おかしなことが起こっとる。

この問題を解決するために「DEX」が誕生したんや。今後分散型取引所がアップデートされ使い勝手がもっとよくなっていけば、認知され分散型取引所が広まっていき「分散型取引所のプラットフォームに使われている通貨の需要は上がってく」とわしは思ってる。

ほな!

336

336

  • この記事を書いた人

ippei

5月のリップルの高騰で仮想通貨をしりトレードを始める。 趣味は登山とバス釣り。iPhoneやIoTなどの新しい物好き。 社会人2年目

-まとめ, 仮想通貨

Copyright© 草コインオススメ手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.