仮想通貨 草コイン

【XVG】匿名性仮想通貨Verge(ヴァージ)についてまとめてみた

更新日:

イッペイ
今回は日本ではあまり知られていない仮想通貨のVerge(XVG)についてまとめてみたいと思います。 Vergeは価格が安く草コインと呼ばれていますが、将来性があり開発もしっかりと進められている為今後価格の上昇が期待できるでしょう。

Verge(XVG)とは?

Vergeは匿名性暗号通貨で通貨単位はXVGです。プライバシー重視の人向けに開発された分散型の暗号通貨です。

プライバシー保護の為に複数匿名ネットワーク、Torやi2Pなど採用して匿名性を高めています。

匿名性暗号通貨はVergeの他にモネロ(Monero)やダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(Zcash)、セーフエクスチェンジコイン(SAFEX)などがあります。

 Tor・i2Pとは?

Tor(トーア)とはIPアドレスを相手に知られることなく、インターネットに接続したりメールを送信したりできる匿名のシステムです。

i2Pはインターネットによる通信の始点と終点を匿名化します。さらに、端点間の通信も暗号化し匿名化されたネットワークを構成するシステムです。

簡単に説明すると送信元と送信先の発信元を隠して誰が送信したのかわからなくしてくれます。

レイスプロトコル

Vergeはレイスプロトコルと呼ばれる技術を仮想通貨で初めて実装しました。

レイスプロトコルとはユーザーが取引情報を公開するか、非公開にするか取引ごとに選択することができます。

レイスプロトコルを使用することによって、送金用の公開アドレスは表示されますがIPアドレスはTorによって保護される為プライバシーが保護されます。

レイスプロトコルとは? Verge JAPAN officialより引用

 

Vergeの時価総額

  • 最大供給量:165億枚
  • 現在の供給量:142億枚
  • 時価総額:98億円→約1070億円
  • 価格:0.69円→7円
  • ランキング:66位→29位

11月14日現在→12月17日現在

時価総額はCoinMarketCapで確認することができます。

約1ヶ月でここまで伸びるとは正直思っていませんでした。私がVergeに目をつけてからここまで伸びてきてかなり嬉しいです!

Vergeは開発が進んでいたり、公式のキャラクターが登場するなど活発に活動してます。

個人的にはこれからアップデートも控えている為、今後伸びていく可能性のある通貨だと思っています。

Vergeで何ができるの?

VergeはテレグラムやTwitterで送金が可能です。テレグラムでは最小5XVG、Twitterでは最小10XVGから送金できます。

AndroidやiOSのWalletにも対応しており、スマートフォンで管理することも可能です。

TwitterでXVGを人に送金する方法

まずはXVGを手に入れましょう。

Coincheckなどでビットコインを購入し、BittrexでXVGを購入します。

XVGを手に入れたら以下の通りです。

  1. 「@vergetips addres」とツイートして、自分のアドレスを確認
  2. 出てきたアドレスにBittrexなどから送金
  3. 「verge tips tip @送りたい相手のID ○」とツイートして完了です(○には送りたいXVGを入力して下さい。)

簡単にできるので是非試して見て下さい!

Verge Japan公式キャラクター「バージリスク」

Verge公式キャラクターの「バージリスクくん」です。

ことばを喋る爬虫類で語尾は「〜バジ」。口癖は「プライバシー!」。お仕事は忍者(アルバイト)。

お調子者かつ恐妻家なので、嫁にまずいところが見つかるとスゥ…と透明になって身を隠す。

趣味は酒、競馬、パチンコ、アイドルなどなど、おっさんぽいことは大体大好き。

推し通貨はVergeで、いつも手裏剣にはめて手に持っている。

興奮すると人についついVerge(20XVG程度)を投げつける習性があるありがたい爬虫類(忍者)。

Twitterでバージリスクくんに話しかけると、投げやりな返事や占いで返してくれる。

公式HPでは上記の様に紹介されていました!

可愛い顔しておっさんみたいな趣味をしているところがまたいいですよね!

実際にTwitterで占ってもらいました。

こんな感じで占ってもらうことができました!大吉で気分も上々ですw

占って欲しい方は是非試してみるバジ!

Vergeを扱う取引所

Vergeは国内取引所にはまだ上場されておらず、BittrexBinanceで購入可能です。

※現在(12月18日)Bittrexは登録者の増加により新規登録が中止になっています。

Binanceは日本語にも対応している為初めての海外取引所でも使いやすいのでオススメです。

Vergeは以下の取引所で取引可能で、今後Binance、HitBTC、ナカモトックスへの上場も決定しています。

海外の取引所へはビットコインでの送金が必要なので、CoincheckbitFflyerで購入可能です。

f:id:btc-worker:20170918154952p:plain

Vergeの将来性

Vergeはコミュニティも開発もしっかりと進んでいき今後さらに決済手段として広まっていくのではないかと感じています。

TokenpayのデビットカードにVergeが追加されたり、決済手段として利用するところも出てきました。

また、ジョン・マカフィーが匿名性仮想通貨が最も大きな将来があるとTweetしており、Monero、Verge、Zcashは無くならないと述べています。

まとめ

私は以前にVergeを購入した際の記事にも書きましたが、Vergeはコミュニティが強く開発もしっかり進んでいる通貨です。購入して際の記事はこちらからどうぞ!

かなり時価総額は上がりましたが、それでも他の匿名系仮想通貨に比べ時価総額は低いです。

今後匿名系仮想通貨が規制されなければ、まだまだ伸びいていくポテンシャルは秘めています。

また、ジョン・マカフィーもVergeに期待しているようです。有名人に注目されてきたことによってさらにVergeの認知度は高まってきたのではないかと感じています。

私はVergeに期待して今後も注目していきます。

それでは!

 

336

336

  • この記事を書いた人

btc-worker

-仮想通貨, 草コイン

Copyright© 草コインオススメ手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.