仮想通貨 草コイン

【BTS】仮想通貨Bitshares(ビットシェアーズ)とは?

投稿日:

こんばんは!

今回紹介する通貨は…

「Bitshares(ビットシェアーズ)」です!!

これからに可能性を感じたのでまとめていきます。

Bitshares(ビットシェアーズ)とはどんな通貨?

Bitshares(ビットシェアーズ)は2014年に公開された通貨でcryptonomex社によって開発されました。

Bitsharesはビットコインと同様に非中央集権型の仮想通貨で管理者がいません。

Bitsharesの最大の特徴は『OpenLedger』と呼ばれるプラットフォームです。

『OpenLedger』の特徴

『OpenLedger』はBitsharesの売買やビットコインやリップルなどの他の通貨と交換することが出来ます。

OpenLedge内でウォレットに直接アクセスすることが可能なので、OpenLedge内で通貨を保管することが出来ます。

OpenLedgeではBitsharesの派生コインであるスマートコイン(SmartCoin)を用いて他の通貨購入することが出来ます。

スマートコイン(SmartCoin)は価格連動通貨として誕生しました。

価格連動通貨

価格連動通貨とは、様々な資産価値と価格が連動するとういう特徴を持っています。

例えば、スマートコインと「USD」「金(Gold)」「BTC」などと連動し資産の退避先として利用することが出来ます。

BitsharesとXRPとの違いは?

仮想通貨に詳しい方なら気付いたかもしれませんが、BitsharesとRippleと仕組みが似ていますよね。

同じならRippleでいいじゃないかと思われる方も多いと思います。

しかし、BitsharesとRippleには「決定的な違い」があります。Rippleは第三者機関を通して取引を行うという点です。

Rippleを取引する際には必ず「ゲートウェイ」と呼ばれる機関を介さないといけません。

このゲートウェイが破綻してしまった場合、ゲートウェイに預けていたXRPは全て消滅してしまうリスク(カウンターパーティリスク)が存在します。

BitsharesのOpenLedgeは管理者がおらずRippleのような第三者に預ける必要がありません。

完全にブロックチェーン上で管理される為、不正や改ざん、カウンターパーティリスクの心配がありません。

Bitsharesのチャートを見てみよう!

Bitsharesのチャートです。対ビットコインで一時期50倍近くまで高騰しましたが、最近のビットコインの高騰なども影響して高騰する前まで価格が戻ってしましました。

現在は資金がビットコインに集まっていますが、徐々にアルトコインにも流れてきているのではないかと思います。

このままいけばマイナーコインにも資金が流れてくるのではないかと思っています。

Bitsharesの時価総額は?

最大供給量/枚 現在の供給量/枚 時価総額/円 価格/円
BTC 2100万枚 160万枚 13兆円 85万円
BTS 37億枚 26億枚 180億円 7.28円

※11月9日現在

Bitsharesの時価総額はCoinMarketCapで確認することが出来ます。

Bitsharesは金融プラットフォームの発展を目指しており、金融業界以外での様々な分野でも実用化を目指しています。

分散型音楽売買プラットフォームの「MUSE(ミューズ)」やBitsharesを用いた「アフィリエイトシステム」が実用化されています。

ビットコインに比べ時価総額もまだまだ低いのでBitsharesの実用化が期待されればまだまだ伸びて行く可能性はあります。

Bitsharesのこれからに注目ですね!

Bitsharesを扱う取引所

BitsharesはBittrexPoloniexで購入することが出来ます。

どちらも海外取引所になるので、国内取引所からビットコインを送金する必要があります。

国内取引所はCoincheckがオススメです。

それでは!

336

336

  • この記事を書いた人

ippei

5月のリップルの高騰で仮想通貨をしりトレードを始める。 趣味は登山とバス釣り。iPhoneやIoTなどの新しい物好き。 社会人2年目

-仮想通貨, 草コイン

Copyright© 草コインオススメ手帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.