テクニカル 仮想通貨 初心者

【テクニカル】チャートパターンから売買のタイミングを読み取ろう その2

投稿日:

イッペイ
こんにちは。前回はヘッドアンドショルダートップ、ヘッドアンドショルダーボトムについてまとめました。今回も引き続きチャートパターンについて一緒に学んでいきましょう。

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップとダブルトップは底値圏、高値圏で現れるチャートパターンです。ダブルトップやダブルボトムが現れた時は、トレンド転換が起こる可能性が高いです。

それぞれ解説していきます。

ダブルトップ

ダブルトップが現れた場合、1回目の高値を2回目の高値が上回ることが出来ていない為、買いの力が弱いと考えられ、上昇トレンドから下落トレンドへ転換する可能性があります。

実際のチャートに現れたダブルトップのチャートパターンになります。丸の部分が高値を更新することができず、上昇トレンドから下落トレンドへ転換しています。

チャート上では、教科書通りの綺麗なチャートパターンが現れることは稀です。

ダブルボトム

ダブルボトムはダブルトップと反対で、1回目の安値を2回目の安値が下回ることができないので売りの力が弱いと考えられます。

実際のチャート上に現れた、ダブルボトムになります。ダブルトップと同様に丸の部分からトレンドが変わり価格が上昇しているのがわかります。

ヘッドアンドショルダーとヘッドアンドショルダーボトムより信頼度は落ちますが、チャート上でよく現れるのはダブルトップとダブルボトムです。

イッペイ
ここがポイント!

  1. ダブルトップは天井圏で現れる
  2. ダブルトップは底値圏で現れる
  3. ダブルトップ、ダブルボトムが現れたらトレンド転換のタイミング

三角保ち合い

三角保ち合いは、高値と高値、安値と安値を結ぶと三角になることから三角保ち合いと呼ばれています。

三角保ち合いでは徐々に価格の値動きの幅が小さくなっています。最終的に価格が補助線を抜けたタイミングで、上に抜けたら買い下に抜けたら売りとなります。

補助線を上や下に抜けることを「ブレイク」と呼びます。

三角保ち合いには様々な種類があるので見ていきましょう。

強気の三角保ち合い

強気の三角保ち合いは上値はほぼ横ばいで動き、下値を切り上げています。強気の三角保ち合いを見つけた時は上昇トレンドへなる可能性が高いので、ブレイクのタイミングを待ちましょう。

実際のチャートでの強気の三角保ち合いです。ブレイク後に価格が上昇しています。

この様に強気の三角保ち合いを見つけることができれば、利益を上げることができます。

弱気の三角保ち合い

弱気の三角保ち合いは高値を切り下げながら、値幅が小さくなっています。下値支持線となっている補助線を下に抜け、下落トレンドへ転換する可能性があります。

実際のチャートでも下値支持線を下に抜け、下落トレンドにトレンド転換しています。

三角保ち合いはよく現れるチャートパターンなので、一度チャートを見てみてください

イッペイ
ここがポイント!

  1. 補助線を上に抜けたら買い!
  2. 補助線を下に抜けたら売り!

それでは!

 

336

336

  • この記事を書いた人

ippei

5月のリップルの高騰で仮想通貨をしりトレードを始める。 趣味は登山とバス釣り。iPhoneやIoTなどの新しい物好き。 社会人2年目

-テクニカル, 仮想通貨, 初心者

Copyright© 草コインオススメ手帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.