アルトコイン 仮想通貨

【LMC】位置情報サービスを利用した通貨。LOMOCOINの特徴にいて解説。

投稿日:

イッペイ
こんばんは。今回はLOMOCOIN(ロモコイン)について紹介するで。

 

LOMOCOINの特徴

  • 通貨名:LOMOCOIN(ロモコイン)
  • 通貨の表記:LMC
  • マイニング方式:PoW + PoS

LOMOCOINの開発チームは中国の北京が拠点の仮想通貨で、中国語で「邻萌宝」と表記されるで。

2016年4月にICOで1億枚のLOMOCOINが発行されたんやで。二年間で10億枚のLOMOCOINを発行する予定見たいや。

仮想通貨で初めて位置情報サービスを取り入れたコイン

LOMOCOIN(ロモコイン)は仮想通貨で初めて、LBSアプリを取り入れたプラットフォームや。

LBSアプリを取り入れる事によって、マップを使いLOMOCOIN(ロモコイン)を手に入れる事ができるで。

LOMOCOIN(ロモコイン)の獲得方法は毎日10ポイントのスタミナが与えられるので、地図上に表示されているLOMOCOIN(ロモコイン)のマークの場所に行き、1ポイントとLOMOCOIN(ロモコイン)を交換する事ができるみたいや。

LOMOCOIN(ロモコイン)のマークはポケモンGOのポケストップのように、お店などに設置する事ができるで。

買い物に行き、LOMOCOIN(ロモコイン)を集め、集めたLOMOCOIN(ロモコイン)で買い物をするなんて出来たら、外に出かけるのが一段と楽しくなりそうや。

LBSアプリ

LBSアプリとは、GPSなどの位置情報機能を搭載した端末のユーザーに対して、現在の位置情報を伝えるサービスや。

GoogleMAPもLBSアプリになるで。

LoMostarをダウンロードしてみた

実際にLoMostarのアプリをダウンロードして遊んでみたで。

アプリは日本語に対応しており簡単に操作できるわ。やけど、動作がちょっと遅く感じるわ。

移動しなくても家の周りにLoMostarのマークが現れそれをタップするとLOMOCOIN(ロモコイン)が貰えたで。わしの家の周りにも4つくらい出てきて合計で4.5LMCになったで。

立派な不労所得やな。これでわしも働かんで良くなったわ。

LoMostarは現在はApp Storeからはダウンロードできへんから100%安全とは言われへん。やから実際にダウンロードする人は注意やで

わしも怖くて本人認証はまだやっとらんのや。

LoMostarのダウンロード方法

LoMostarのアプリはここからダウンロードが可能やで。iPhoneのAndroidどちらでもダウンロード可能やけど、iPhoneでのダウンロード方法について解説するで。

まずは「iOS download」をクリックや。

「Download」をクリックや。

「インストール」をクリックや。

ここまでくればインストールは完了や。ここまでは簡単やな。

アプリを起動しようとしたら下の画面になるはずや。

このままではアプリを起動できへんから、起動できるようにしていくで。

「設定」→「一般」や。

「デバイス管理」をクリックや。

赤枠で囲っている部分をクリックや。

赤枠で囲っている部分をクリックや。

「信頼」をクリック。

これでiPhoneでもLoMostarのアプリが使用可能になるで。

LoMostarでは紹介報酬が10%入るみたいなんやが、1日10人までらしいで。そういった配慮が好感持てるな。

LOMOCOINの時価総額

  • 時価総額:約68億円
  • 価格:約30円
  • 最大供給量:10億枚
  • 現在の供給量:2億枚

発行枚数が多いのが少し気になったが、アプリで配布するのであればこれくらいの発行枚数があってもええんかなと思うわ。

LOMOCOIN(ロモコイン)は今後の提携先によっては期待できる通貨やとわしは思ってるで。

 

LOMOCOINの買い方

LOMOCOIN(ロモコイン)が気になった方はBittrexで購入する事ができるで。

Bittrexへは CoincheckbitFlyerからビットコインを送金する必要があるで。

※現在Bittrexの新規登録は停止されてるから注意やで。

ほな!

336

336

  • この記事を書いた人

ippei

5月のリップルの高騰で仮想通貨をしりトレードを始める。 趣味は登山とバス釣り。iPhoneやIoTなどの新しい物好き。 社会人2年目

-アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© 草コインオススメ手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.